ご飯を作っている時

知り合いで、事実婚をしてた人がいます。
相手の男性には親がいて、子供もいました。
そんなところに事実婚として、でも世間的には「お嫁に」いったのですが、
姑からのイジメがひどかったんです。

ご飯を作ってる時は「嫁」だけど、作り終わると「他人」になる。

どうもご飯を作らせるだけに結婚させたみたいな感じで解せませんな。
相手の人はそんなことはないのですけど、姑がいうことは全部「ご飯」、、、自分でも作れるのに作らない。

だったら家政婦でも雇えないいのに、と思う。
イジメたいんだよね、昔かラ嫁と姑というのはこんなもんです。

でもそのいじめがあまりにもひどいのでけっきょくは解消しました。
事実婚をやめ、相手の男性とも別れました。

子供にとってはいい親だったのでそこは可哀想です。

でも自分の人生ですからね、自分の納得できるようにした方がいいです。

ご飯か、、、、お嫁さんは家政婦ではないですよー。
仕事もしてたしーー。

あまり興味ない

ワールドカップもおわり、次はウインブルドンで、そしてすぐに東京オリンピックかな。
そういうものにまったく興味がないので困惑です。
こういうとビックリする人いますけど、私の周りは多いですよ。
「興味ある?」「ない!」
って、、即答です。
だって本当に興味ないんですもん。
ハイライトだけ見てたらいいかな、それだって甲府運してみるとかではなくて、
他のニュースのついで。です。
では何に興味があるのか、って?
それは人それぞれでしょう。
ワールドカップやOlympicなどのスポーツものをずっと見てるのが耐えられないだけで。

興味の対象が違うだけです。
スポーツを、やっても看るのはしない、とかの人もいますよ。
フーリガンのような人の横で静かにまったく関係ない本を読む、てな事も出来ます。
あまり興味がない、それだけです。

スポーツ観戦が好きな人は、まわりもそれと同じだと信じて疑わないのですがね、
実は興味のない人って多いんですよ。
選手の名前すら知りませんわ。
そんな人もいるのです。

不思議なピアニスト

皆さんはフジコ・ヘミングさんを知っていますか?
なんだか不思議な人ですよね、ピアニストです。
スエーデン人の父親と日本人の母親の間に生まれた、ハーフなんですけど、
一度もスエーデンに住んだことがない、という理由でいくつの時だったかに
国籍を剥奪されてしまうんです。

国籍って剥奪されてしまうことがあるんですねー、その時にどうして日本の国籍が取れなかったんだろう??

そんなことで、せっかくの才能もうもれてしまったんだけど
(ピアノ留学が出来なかった)
ドイツのはからいで難民認定されたんです。
難民ですよ!

そのパスポートで外国でピアノを勉強して、でも有名になるまでは長かった。
風邪をひいて聴力を失ってしまったり、それはもう大変。

母親が亡くなったのをきっかけに日本に帰国するんだけど、
その時にNHKが彼女の特集を組んで、それが話題になって有名になっていきました。

一度、テレビで見た事がありますが、ネコが大好きで、
どうしてピアノを弾く?の問いかけに
「猫にエサをあげるため」って答えてましたよ!
かわいいですねー。

薬剤師になった友達はすごい

まさか友達に薬剤師さんができるとは思わなかった。
本当に頭いいんだよね。
もう大学の名前聞いた時は驚いたもん。
高校の同級生でそんなところ狙ってるの?って。
そしたら薬剤師になりたいとか言い出してね。
ほんとなっちゃうんだからすごい。
私なんて頭悪いから家の近くの短大しか考えてなくて
友達もそうだと思ってた。
そんなに頭いいなんて知らなかったんだ。
私たち恋愛の話しばかりしかしてなかった。
だからまさか友達がそんなに頭いいなんて当時はわからなくて・・・。
ちょっとへこんだ。
だけど薬剤師さんになりたいってなんで思ったの?って聞いたら
従兄弟が薬剤師で白衣姿がかっこよかったんだって。
それで大学の勉強はもっと頑張らないといけないから
今からめっちゃ頑張るってあの時話してたんだよね。
それで本当に頑張って薬学部受かって今は薬剤師だよ。
本当にすごいなあ。
私も頭良かったらなりたかったなあ薬剤師。
私が勤めているアパレルの初任給と全然給料違ったもん。
すごいなって思った。
今度初任給でおごってくれるっていってた。
楽しみだなあ。
久しぶりに逢えるの。
薬剤師さんってどんな感じなのか聞いてみるのも楽しみ。
友達といっぱい話して美味しいもの食べに行こう。


身内の裏切り

芸能界で、マネージャーが担当タレントさんなどの家から何かを盗む、とか、
財布からお金あを拝借、とかね、、、そういうニュースがありますね。

デヴィ夫人もやられてたし、神田うのさんも、なんとベビーシッターが
1000万円以上ものバッグやらを盗んでいたとか。

どちらもニュースになって、のちに犯人は有罪になったんではなかったかな。
お金などは戻ってこないらしいけど。

信頼関係で成り立っているはずですものね、ショックでしょうねー。

デヴィ夫人なんて額が違う、びっくりですよ。
(通帳の記入をしてなかった、ってのもビックリですが)

こういう身内の裏切りってやるせないですね、人間不信になります。

渡辺直美さんは、自宅にあるはずのものがネットで売られていたとかです。
これは身内、というよりも、自宅に出入りした業者さんではないかってことですが、
そんなことしてはいかんぞ、業者ーー!

って、どんな業者か知らないけど、、、引っ越し屋さんとか、、、そういうのだろうか??

とにかく、悪い事はしてはいけないし、
身内を裏切ってはいけないのだ!!

茶碗とお箸

女優の朝丘雪路さんがお亡くなりになりました(泣)。
ものすごいお嬢様で、馬車で学校に通ったとか、お金払ったことないとか。
(誰かが後で払ってたんでしょう、別に盗んでたわけじゃなくて)
菜食主義だった、、とかではなくて、目があって動くものは食べられなかったとかで、
野菜ばかり食べてたそうです。
お父様が画家だったそうですが、よほど売れていた画家だったんでしょうねー。

胸が大きかったのですが、それをラジオでどうしても言いたくて、
当時の担当が考えに考えた末に出たのが「ボインちゃん」。
そう、当時はテレビがまだない(?)のでラジオで、
でもだからこそ生まれた言葉でしょうね。

天然なのはお嬢様として育ったからと、もともとの性格からでしょうけど、
日舞が上手で教えていたとかだし。
歌も歌っていました。歌手でもあったんです。

宝塚に入りましたが、ご飯を作ってくれと言われて大変戸惑ったそうです。
作ったことがないから。
お米のとぎ方はおろか、研ぐもんだってのも知らなかった。
お茶碗とお箸しか持ったことない、んだそうです。すごーーい。

掃除の仕方も分からなくて大変だったみたい。
宝塚をやめても、私生活でも家事はしなかったみたいですけど、
津川さんはそれでも愛していらして、とてもいい夫婦でしたね。

御冥福をお祈りいたします。

えーー、自分もやってたーー。

ちょっと興味深い記事を目にしました。

「お金がたまらない人たちには共通する行動パターンのひとつとして、たとえば、ですけど、
『1日500円以下の小さな消費の繰り返し』があります。
たとえば、1杯100円のコンビニのコーヒーを平日に毎日買えば、
1カ月で2,000円、1年で2万4,000円の支出です。
これに気づかず『大きな買い物をしているわけでもないのになぜお金がたまらないのだろう』
と首をかしげているのです」

というもの。

これ、自分にあてはまるかも!!?

飲み物を買いに行ったコンビニでついでに100円程度のお菓子にも手を出してしまう。
この"ちょこちょこ買い"も典型的なムダ遣いのひとつ。

こういう人は300~500円ならすぐ使ってしまうので、
コンビニに行く頻度を減らすのが得策、とか。

そうだね、行くのやめよう!!

ちょっとしたことなんだね。
とはいえ、人はどうしてコンビニに行くんだろう。
そこにコンビニがあるから???笑

行くの控えようっと。

ゲイルとは?

外国のテレビを見ていて、「gale」って言葉がはびこった。
何??

gale」はかなり強い風に吹かれるさま。
 gale は、とても強い風(=strong wind)を表し ます。
特に、海から来る強い風を指して使うようです。
日本語では「強風」と訳されます。 
It is blowing a gale. 強風が吹いている.、、、みたいに。

ゲイルって聞こえたらそういう意味です。

その日はそんなたくさんこの言葉が聞こえたってことは、次の日はすごい天気が悪かったということなんですけどね。

ゲイル、、、こんな日は外に出ないで家でラーメン食べてる方がいいですよ。
そうじゃなくても天気の悪い日は家から出たくないですよね。

そんな時に効く音楽などを選びながら、ゲイルの日は静かに過ごそうと思っています。

皆さんもゲイルの日は静かに過ごしましょう!

おてんとうさまが当たるところで過ごしたいなー・・・・・・あはは。。。

パスタとひじき

ひじきの煮たものが食べたくなって作ったら、家族が「今日はパスタだ!」ってパスタを作った。
これを同時に食べるのか。。。
ひじきがあったらそれに見合ったものを作ったらいいと思うが、、、
いうだけ無駄か。

なんとか同時に食べましたが(食べなくても??)、
やっぱりイタリアーンと、ザ・和食!はあいませんわ。
食べたけど(だから!)

世の中にはいろいろな食べ合わせがあるけど、パスタとひじきかい、ってひとりでつっこんでしまった。
お腹に入ればなんでも同じ、って考えてがんまりましたわ。

まーね、今これを読んでる人全員が
「無理して食べなくても・・・」
って思ってるかもです。
その通りなのですが。

そこにあるもの、今日これを食べるって決めたものを、それが家族がそれぞれ作ったものでバラバラでもね、
一緒に食べたいわけですよ(なんで??)。
いいんです、どちらもそれぞれ美味しかったから。
ただ、、、あわなかっただけー。

字を書かなくなった

なんでもネットでやりとりが出来るし、手紙なんて書かなくなった。
なので時の汚さが目立つんです、、、自分のことですよ、
あなたのことではなく(笑)。

書かなきゃわからないけど、たまに字を書くとすごい汚い。

タレントの稲垣吾郎さんも「字が汚いことがコンプレックス」とカミングアウトして話題になったことがあるらしい。
ここにまでSMAPか、って感じですが(笑)。
そこはおいといて。

この"汚文字(おもじ)ブーム"に驚いたのが、
通訳でタレントのニュージーランド人女性、ジェシカ・ゲリティさんです。

「アルファベット圏の人は文字は個性だと思っているから、美醜は気にしない。
書き順や字の間隔も気にする人はいない。

要は読めればいいという感じなんです。
字が汚いことを恥じるのは、日本特有の現象だと思います」

ときたもんだし、これ、本当なんです。

そうなんだね。
欧米人は気にしない。

中国人は気にするよ、彼らって字がすごくうまい。

でも字は上手い方が絶対にいいですよ、頭がよく見えるし、読みやすい。
何書いてあるか分からない字、あるもんね。
そうならないようにしたいものです。